HACKADAY prize BRING-A-HACK MUNICH WAS fantastic

thanks to everybody who pertained to the Hackaday prize Make Munich Meetup as well as Bring-a-Hack last night! We had a fantastic time, as well as there were a lot of awesome jobs on display, a few of which we even got photos of. Frankly, we were enjoying chatting as well much to be peering with a cam lens.

Around 30 people made it over to the Munich CCC, including some familiar faces from the last time we had a celebration in Munich. Although it was a mainly regional crowd, we likewise had visitors from Switzerland, Austria, as well as even the us of A: TV-B-Gone inventor, had prize judge, as well as mad hacker [Mitch Altmann] was in the house.

After we got a bit food as well as drink, we opened up the floor for the projects, lightning-talk style. The largest jobs were most likely a tie between an own-design CoreXY 3D printer as well as a boombox with some severe noise output. One guest’s automated bacterial culture apparatus most likely wouldn’t have in shape on the table, so it’s okay that it got left in the lab. The smallest hack? most likely [Alex]‘s super-mini USB LED clock gizmo, total with hand-soldered 0402 LEDs, as well as “even smaller stuff on the backside”.

diy CoreXY 3D Printer

Tiny, small LED Matrix

All-Transistor Shortwave Radio, as well as incredible Woodwork

A PDP-8 on an FPGA

electric Vanguard

Everyone seemed wowed by the woodwork on the all-transistor shortwave radio build, as well as most likely half of the celebration stepped (unwisely?) onto the electric skateboard that featured an ESC with variable torque, managed by Wii nunchuck. cheers erupted as the lights began blinking on the FPGA PGP-8e, which was coded up in Verilog from the original schematics. They don’t make owner’s manuals like they utilized to!

In short, it was a Hackaday crowd: warm, open, interested, as well as involved. as well as it was a great tip to us that we requirement to get out a lot more with our fellow hardware fanatics.

Thanks to the Munich CCC for hosting, as well as to the Hackaday prize sponsors for the food as well as drink. Enjoy Make Munich over the weekend, as well as we’ll do this once again next year!

HackadayPrize2017は次のようにスポンサーされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

LEGOLEGO

と130年近くのプランク定数を測定すると、キログラムはパリの外のボールトに座っている小さな白金とイリジウムのシリンダーによって定義されています。他のすべての測定単位は再現性のある物理現象によって定義されます。 2つ目は、セシウム原子の正確な振動数であり、1/299792458秒の長さの光は1/299792458Tの長さの光です。キログラムのみが実際のオブジェクトによって定義され、NISTおよび国際的な重み委員会およびステップはPlanck定数の関数としてそれを定義するまで定義されます。 Planckを定数を測るにどのように測定しますか?ワットのバランスがあります。ワットバランスをどのように構築しますか?レゴ、もちろん。 ワットバランスは、1つの重みを既知の質量の他の重さと比較できる両腕のスケールのように見えます。 2本の腕を使用する代わりに、ワットバランスは1つのアームのみを持ち、コイルを流れる電流によってバランスされます。バランスプレート上にあるものは何でも持ち込まれた機械的な力 – その後、電力と比較され、最終的にはプランク定数をもたらします。これはすぐにキログラムの正式な定義の一部になります。そうすれば、これを測定するための装置はLEGOから行うことができます。 LEGOワットバランスの唯一の主要な非レゴ部品は、PVCパイプといくつかのネオジム磁石の周りにワイヤのワイヤーのコイルのコイルです。これらはバランスの両方の腕に配置され、一対のレーザーはバランスの両方の腕が水平であることを確認するために使用されます。データは、LabjackおよびPhidg​​et上のいくつかのアナログピンを通してコイルを測定することによって収集されます。各コイルに誘起された電圧と電流が測定されると、ワット数を計算することができ、次にプランク定数を定数、最後にバランスパンの質量が本物の理想化されたキログラムまでどれくらい近いかを最後に閉じることができます。レゴから作られていたにもかかわらず、このシステムは1%の不確実性にグラムの質量を測定することができます。 著者らはLEGO部品のリストを含んでいます。その多くは、8歳のクローゼットのレゴのあらゆる巨大な浴槽にあります。 BOMの唯一の本当に高価なアイテムは16ビットUSB DAQです。それ以外のものは、誰かが建てることができるものです。 先端のためにありがとう[マット]。

フルファブリックソフトスイッチフルファブリックソフトスイッチ

私たちがEngadget用のバックパックストラップWiFi検出器を作成したとき、私たちはデバイスの制御にソフトスイッチを埋め込みました。 それらは、それにパンチされた穴を有する泡の層によって分離された2枚のアルミホイルを使用した。 [Plosea]は同様のアプローチを取りましたが、アルミホイルを導電性布地で置き換えました。 最終結果は、簡単に洗浄できる3つのソフトボタンのセットです。 以下のアクションでのビデオを見てください。 ボタンを使用してスクロールホイールを交換するフォローアッププロジェクトをチェックしてください。

ゲームボーイモジュールはRaspberry PI Compute Module 3ゲームボーイモジュールはRaspberry PI Compute Module 3

[インチ]がゲームボーイモッズのPI Zeroに近いフォームファクタでラズベリーPI 3の力を望んでいました。これにより、ラズベリーのPIラインでより多くの人気のあるアイテムの1つとインターフェースするためのカスタムPCBを設計するようになりました.3つのプラットフォーム間のハードウェア比較はここで利用可能です。 いくつかのマイナーな問題を修正したら、最初の試行で正しく起動しました。最終結果はラズベリーPIゼロよりわずかに大きいが、ラズベリーPI 3よりも著しく小さいため、清潔なビルドのためにゲームボーイの中で完璧にフィットします。 ラズベリーのPI Zeroは、世界の一部の地域で源泉源が困難であり、より強力なCM3とほぼ同じくらい低コストである(東南アジアで)。あなたがブレークアウトボードを作って追加されたコンピューティングパワーから恩恵を受けるのが快適であるならば、それは小さい必要があるときにそれは合理的な選択肢です。 注目に値するのは、Raspberry PI Foundationがいくつかのプロジェクトで使用されてきたCM3のためのオープンソース開発キットを販売しているということですが、リテールコストはラズベリーのPI 3に比べて比較的高いです。 1インチ[インチ] CM3をよりアクセス可能にします。 チップのために[Lou Hannoe]のおかげで。